上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
!cid_687282603@20042009-26D62.jpg
4月26日から5月1日まで、Blue Note Toky
ブラジルが世界に誇る天才アーティスト、オスカー・カストロ・ネヴィスが公演をします。
ボサ・ノヴァの誕生に貢献し、ギタリスト、プロデューサーとして幅広い活躍を続ける彼が、
ブラジル音楽界を代表する大御所たちと夢のセッションを繰り広げる。

本日来日、明日ブラジル大使館で記者会見が行なわれます。
スポンサーサイト
2009.04.23 Thu l * Information l コメント(0) TB(0) l top ▲
4月19日富山市ANAクラウンプラザで
パナホーム北陸支店富山営業所の業者会懇親会(情報の輪)が開かれました。
この会は、パナホームさんの取引業者さんを招いたもので、
パナホームさんの住宅の説明会と共に、懇親会が開かれました。
普段、パナホームさんと一緒になって、お客様と接する取引業者さんも同じように
家を建ててくださるお客様と接する機会があります。
そんな接する方の全ての方が、商品を把握し、
自信を持ってお客様へ届けてくださるというのは素晴らしい事ですね。
そして、家を建ててくださるお客様だけでなく
取引業者さんも大切にされていらっしゃる企業というのは、とても信頼が出来ますね

説明会の後の懇親会では、「ちゃぁみぃぃ聖子」ショーで楽しんでいただきました。
大切な話で、静かだった会場の空気が
いっぺんに和やかムードへと変わり、最後は皆さんに、たくさん笑って帰っていただきました

パナホーム北陸2

人は、皆で話し、一緒に食事を共にし、そして笑う・・・・これは幸せの基本なんでしょうね。
そして、それは幸せな家庭、家づくりにもつながるのではないでしょうか・・・

パナホームさんの家は信頼と設計、そして携わるかたたちの
あたたかい心がたくさん詰まった家だと思います。
2009.04.19 Sun l * Information l コメント(0) TB(0) l top ▲
15日タイ出張から無事帰国

バンコク2
前回、タイ出張の際は、「yellow シャツ」の集団のデモで大騒動でしたが・・・
今回は、またまた「red シャツ」の集団でした!!!!!!

日本のTV等のメディアでは、バンコク中が大変な事になっている様に報道されていましたが
実際はその様な大変な事は無く、在タイ日本大使館から強制自宅待機を求められる様な
通達もありませんでした。
例年この旧正月「ソンクラン」(水掛け祭り)の時期は、
町中がかなりにぎやかになるそうですが、
今年は例年よりややおとなしめの「ソンクラン」といった感じだったみたいです。

バンコク3
2009.04.16 Thu l * エッセイ l コメント(0) TB(0) l top ▲
春爛漫の浜松方面へ行ってきました
浜名湖サービスエリアでも櫻が満開

浜名湖


浜名湖2

浜名湖2

今年は、わが社は忙しくて、お花見どころではなく、
スタッフ全員!!必死で仕事をこなしています。が、
そんな中、一人、お花見気分でした
2009.04.03 Fri l * エッセイ l コメント(0) TB(0) l top ▲
ナターシャ・グジーUAJ


その美しい容姿と可憐な雰囲気に加え、
澄み切った透明な天使の歌声は、だれの心の壁をも取り払ってしまう
そんな力を持っているアーティスト、 ウクライナの歌姫 ナターシャ・グジー

昨年、4月8日にテレビ朝日系列 全国ネット 『徹子の部屋』 に出演し
とても大きな反響を呼びました。
昨日、3月31日(火) 夜8:54~ 日本テレビ系列『誰も知らない泣ける歌』に出演
「いつも何度でも」を日本ではとても珍しいウクライナの民族楽器バンドゥーラを弾きながらの
出演。とても素敵でした。

6歳のとき、1986年4月26日未明に父親が勤務していたチェルノブイリ原発で爆発事故が
発生し、原発からわずか3.5キロで被曝したという過去を抱えながら、
ウクライナの民族楽器バンドゥーラの音色に魅せられ、8歳の頃より音楽学校で専門課程に学び
1996年・98年救援団体の招きで民族音楽団のメンバーとして2度来日し、全国で救援公演を行う。

2000年より本格的な音楽活動を開始し、
NHKや24時間テレビの出演、そして愛・地球博出展作品「コウノトリ プロジェクト」
(制作:NHKエンタープライズ21)テーマ曲「ふるさと」で参加をするなど活動は幅広く
「こころに咲く花」などのアルバムもりリースしています。

彼女自身もチェルノブイリの被爆者であるということもあり、
チェルノブイリに伴った救援公演も数多く出演していますが、
それよりも、クリスマスソングアルバムに見られるようなアヴェマリアや
日本の歌を歌ったもの、「秋桜」や「いつも何度でも」
また、「ふるさと」や「見上げてごらん夜の星を」は

本当に誰をも魅了してしまう素晴らしい歌声を聞かせてくれます。

そして、私達日本人が日常生活において忘れてしまっている何かを思い起こしながら、

自然と涙が溢れてしまう心の琴線に触れていただける
素晴らしいコンサートをお届けすることができると思います。 

チェルノブイリの悲しい出来事を前面に出すのではなく、
純粋に彼女の歌声と彼女の人柄や彼女自身から、きっと、
聴く人の心にあたたかい気持ちと、幸せな心を咲かせてくれる・・・・

本当に素晴らしい歌手です。

2009年4月23日または24日には、NHKラジオ国際放送で、
ナターシャ・グジー来日10周年を取り上げ
インタビューとライブ音源の曲が14言語に翻訳され、
世界中に放送されることになりました。

2009.04.01 Wed l * introduction l コメント(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。